読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

photograppler BAKI

ジーパンと靴の記録。基本的におっさんになりかけなので、独り言に近い。

シオリエクスペリエンスと僕。

漫画 音楽
僕は音楽が好きだ。
高校生の頃にギターを買って、ギターヒーローになろうとした。


もちろんなれなかったけどな。
まぁ、ギターヒーローになれなかった今でもギターを弾くのは楽しいもんだ。


恒例のどうでもいい話でもするか。
みなさんの周りにも「昔バンドでギターやってましたよ俺」ってドヤ顔でいうヤツが一人か二人はいると思う。

本気でやってたのか、カッコつけて嘘ついてるだけなのか見破る質問がある。
見破ったところで何のメリットもないだろうが、まぁ騙されたと思って試して欲しい。


ニルヴァーナのギターのヤツって名前なんだっけ?
これだ。



「え?知らね」→アウト。ギターの弦の本数さえ知らないレベル。
(または路上でゆずでも歌ってたアコギ弾きかだ)

「カートコバーンだよ」→バンド経験なしだが、ギター練習したことはあるレベル。

カートコベインだよ」→ガチバンドマン。


バンドマンは発音というか、響きにこだわる変な習性があるのだ。
oasisをオエイシスと読んだりするのもそうだ。
※あくまでも僕の個人的見解です



さて、と。
ここで僕のギターヒーローを紹介しよう。

f:id:photograppler:20160304002429j:image

説明は要らないだろう。
ギターヒーローの代名詞、ジミヘンドリクスだ。
(ジミーと伸ばしたら、そいつはジミヘンを知らないと思って間違いない)


こないだCD棚を整理していたら、ベスト版が出てきた。
懐かしくなって、CDに合わせてパープルヘイズを弾いてみた。
(ジミの曲を弾いていると、指より表情筋が疲れるのは僕だけじゃないはずだ)

やっぱり楽しいなぁ。
ほんで、やっぱり弾けなくなってるモンだなぁ。
アンプ欲しいなぁ。



よし、本題に入ろう。

今夜ふと立ち寄ったTSUTAYAでこんな本が売っていた。

f:id:photograppler:20160304004156j:image

シオリエクスペリエンス。

大人買いしても3千円ちょいだった。
それにしても最近はブルージャイアントといい、良ーい音楽漫画が多くていいね。

内容はこれから読むひとのために伏せておくくが、ジミ好きならニヤリとする描写が満載の漫画だ。
なにより作者のジミへの愛が滲み出ている。
(ジミの服装をCDブックレットと見比べてみよう!)

そして、バンド漫画の華、演奏シーンがヤバイ。

f:id:photograppler:20160304011439j:image

f:id:photograppler:20160304011456j:image


紙面からは音は出ないのに、ファズで歪ませたジミの音が聞こえてくる。
 
最高だ。
ジミ好きなら是非一度読んでみて欲しい。

さて、ブードゥーチャイルでも聴きながら寝るか。
終わり。